ニートの暇つぶし

週一更新は大嘘ですがどこから直せるか分かりません

奇数パラディン翻訳メモ(19/01/14)

vS Data Reaper Report #117 | Vicious Syndicate

Odd Paladin Deck List Guide - Hearthstone Top Decks

Odd Paladin deck list guide - Rastakhan - Hearthstone (January 2019) | Metabomb

[500 LEGEND] Complete Odd Paladin guide - Hearthstone Decks

 レベルアップナーフで死んだと思ったら基本カード入れて蘇ってきた。ハンターに有利らしい。

 

基本情報

 すべてのハンターデッキに有利。遅いデッキに弱いが平均勝率で見れば無問題。レベルアップの枠はフロストウルフの将軍に。

 現在、神聖なる恩寵の代わりに対アグロで強い魔女の大釜が入ることがある。

マッチアップ勝率

勝ち確:アグロ奇数メイジ

有利:キューブハンター、ミッドレンジハンター奇数ローグ、テンポローグ

微有利:ラクドルイドハイブリッドハンター、スペルハンター奇数メイジ偶数シャーマンメックトゥーンウォーロック、ズー

イーブン:秘策ハンタービッグスペルメイジ偶数パラディン、OTKパラディン

微不利:プリースト全般キューブロック、偶数ウォーロック奇数クエストウォリアー

お祈り:奇数ウォリアー

 まんま除去能力の高さのグラフみたいになっててウケますね

マリガン

 だいたいキープするやつ

・1マナドロップ(ジャングルの遭難者、ファイアフライ、アージェントの従騎士、有徳の守護者):1Tに出すのは当然、2Tヒロパ→3Tヒロパ+1マナの流れもあるので2枚キープが良。3枚目はいらん。ファイアフライなら1枚で上記と同じ流れができるのでそれだけでいい。

アケラスの古残兵:上のと違って1Tに出しても弱いので1マナとセットの場合のみキープしたい、が他に1マナ無い場合も仕方なしのキープ。

未鑑定の大槌:基本は3~4体にバフしたい。3Tに3体以上攻撃力+1または聖なる盾付けられれば最強。挑発は外れだが対アグロでたまに輝く。

回廊漁り蟲:0マナ2/5OP

 

 条件次第でキープするやつ

力の祝福:遅いマッチアップでアージェントの従騎士と。聖なる盾もちにつければ除去されにくい。

菌術師:序盤用の手札が揃っている場合(1マナと3マナなど)。菌術師は"win-more"(既にこちらが有利な場合のみ、勝ちを押し広げる効果をもつカード)で、微有利を盤石に変えてくれる。逆に不利を覆す効果は皆無なので手札が悪ければキープしない。

 

基本戦略

・基本:序盤は盤面取り。1マナミニオン、ヒロパ、力の祝福、3マナ武器など。中盤は菌術師、フロストウルフの将軍、回廊漁り蟲でテンポを取る。終盤は有利ならそのまま押し切る、不利なら7マナ武器とヒロパなどで盤面の巻き返しをはかる。

・対アグロ

 盤面取りが重要:バフ系の(2体召喚以外の)大槌菌術師フロストウルフは既に盤面がないと意味を成さないので。バーストデッキではないので盤面より顔を優先するメリットはない。序盤さえ取れば終盤以降はヒロパで戦えるので序盤にオールインしていく。例:ミラーマッチ2Tではヒロパよりファイアフライトークのほうがいい。対アグロではヒロパの優先度は低い。

 相手のAoEを常に意識する。メタ知識が重要。相手がズーなら(今少ないけど)ドレッドロードの1点を意識してヒロパに頼らない・あるいは、引けてないか採用してないことを信じてオールインも有効。AoEがない相手にはオールインが強い、ある相手は下記。

 毎ターン盤面の有利を取っていく以外の勝ち筋がないので丁寧にトレードする。このデッキの武器は序盤の盤面取りではあまり活躍しない(2体召喚の大槌を除く)。対アグロでは回廊漁り蟲が強いので2枚キープしてもいい。3~4Tに0~2マナで出したい。菌術師と同時に出すのも強い。

 対アグロでは「早く倒す」を意識する必要はない。盤面を取り続ければいずれ勝てる。ストーンヒルからのタリムに賭けたり、相手が運良くバーストを引くのを恐れたりして序盤から顔面に行くのは間違い。

 

・対コントロール

 奇数パラは盤面を作るデッキであって、爆速アグロデッキではない。対アグロとは違ってカードを切るよりも強化ヒロパを連打したほうが強い。ただの1/1にAoEを使わせるのが大事。AoE使われなければフロストウルフの将軍攻撃+1の大槌咎めていく。

 対コンではアグロと逆に、顔面叩きが重要になる。トレードは最低限に、相手の重要ミニオンを潰すか、こちらのキーミニオンを守る場合のみ行う。ただし、対メイジでフレスト打たれそうな時などは後続のためにトレードしておく。

 メタとAoEの知識が重要。流石にキューブロックやコントロールウォーロックは冒涜、地獄の炎、ゴッドフリーに捩じれし冥界と盛りだくさんでどうしようもないが、偶数シャーマンの場合ハガサとカリモスの8マナ3点(とリッチキングから引ける3点AoE)のみケアすればいい。菌術師をヒロパでなくファイアフライにつけることで3点を生き残らせるとか、横並べより大型(ストームウィンドの勇者、フロストウルフの将軍)を置くのを優先するとかでケアする。

 1枚採用の神聖なる恩寵はかなりメタ依存のカード。対アグロでは最悪3マナで何もしないカードになるので多ければ構築から抜く、対コンでは3~4枚かそれ以上引けるので2枚採用もあり。自分の環境に合わせて枚数調整

マッチアップ

・ハンター:DKレクサーが2点AoEなので菌術師バフなどでケア。秘策貼られたら爆発の罠をケア。他のAoEは猟犬を放て!。

・奇数メイジ:AoEは5マナとフレスト。1~3枚見てオールイン。

・偶数パラディン:タリムと騎乗がいやなので5Tまでは丁寧に盤面を取る。

・OTKパラとコントロールプリースト:AoEをケアすること。

・クローンプリースト:霊魂鞭打をケアしつつアグレッシブに。

・奇数ローグ:テンポを取る。

・偶数シャーマン:盤面取るだけ。ショボいトーテムも、ダイアウルフや炎の舌のトーテムが付いたらまずいのでちゃんと除去る。

・ズー:ドレッドロードをケア。出されても返しで除去れるよう準備したい。

・偶数ロック:AoEをケア。

・奇数ウォリアー:5Tが鬼門。盤面が小さいとダイノマティックで死、広げすぎても乱闘や大暴れで死。祈る